電子版

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2020年3月19日更新
3月中旬仕入れ低下も反映途上 79 〜97円でバラつきー生協灯油配達値
 原油価格下落による仕入れコスト低下を受けて、灯油需要地の生協配達価格は軟化傾向を示している。ただ3月中旬時点では、生協によってコスト低下の反映度に差があり、㍑79〜97円(定期配送・100㍑以上購入時)とバラつきが大きい。

 大手元売の仕切価格は、2月後半に2週連続で上昇した後、3月上旬から急落している。一方、3月中旬までに価格改定を打ち出した生協は、東北地区ではコープあおもりが9日から3円下げて84円、山形共立社が16日から4円値下げし92円とした。
 中部・北陸地区では、富山県生協が9日に2円、16日に3円下げて90円に設定。新潟・コープクルコは9日から2円下げて97円、コープながのは16日から2円下げて松本向け93円、コープいしかわは23日から84円に4円下げる。
 3月に入って値下げを打ち出した生協の価格は、コープあおもりと新潟クルコが前年同期と同値。山形共立社、コープながの、富山県生協は前年水準を下回った。3月の原油価格急落は元売仕切り、陸上スポット価格ともに反映途上にあり、生協も価格の落ち着きどころを見極めている感がある。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.