電子版

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2020年3月18日更新
OPECー原油需要100万㌭/日下方修正 2020年経済減速で9973万㌭/日
 OPECプラスの協調減産体制が崩れ、サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)が増産に意欲を示すなど、原油の需給動向が注目されている。OPEC(石油輸出国機構)は3月月報で、2020年の世界需要を前年比6万㌭/日増の9973万㌭/日と、前月予想から100万㌭/日下方修正した。
 新型コロナウイルス感染拡大にともなう経済成長の減速、とりわけ運輸、産業向け燃料へのインパクトを下方修正の主な要因にあげている。
 一方、直近となる2月の供給量は、非OPEC7198万㌭/日、OPEC(2次情報源ベース)2777万㌭/日の合計9975万㌭/日だったという。このうちサウジアラビアは968・3万㌭/日で、報じられている通り1200万㌭/日超への生産拡大が現実化すれば、サウジの増産分がほぼそのまま世界原油市場の供給余剰分になる計算だ。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.