電子版
休刊日カレンダー
2022年1月
2627282930311
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
12345
2022年2月
30311
 
2
 
3
 
4
 
5
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
15
 
16
 
17
 
18
 
19
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
12345
日曜・祝日、第1・第3土曜日、
一般紙休刊日は休刊です。

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2022年1月14日更新
荷卸し中給油「可」へ対策検討 SS業務規制見直しの一環ー消防庁
 総務省消防庁は、SSの業務に関わる現行危険物規制の見直しを進める。タンクローリー荷卸し中の給油を認めるための対策や、尿素水溶液供給機の設置の位置づけと法令化などを検討する。SS併設建築物の用途範囲や営業時間外の販売業務に関する規制とあわせて検討を行い、2022年度中の政令改正、施行を目指す。
 危険物の規制に関する政令(第27条)では、タンクローリーからSSの地下タンクにガソリンなどを注入(荷卸し)している間は、地下タンクと接続している計量機(固定給油設備・固定注油設備)の使用を中止することになっている。
 消防庁ではSSの営業機会確保に向け、ローリー荷卸し中でも計量機を使えるようにするため問題を洗い出し安全対策を検討する。
 危険物取扱者が他の従業員が行う給油作業などへの立ち会いや、セルフSSでの顧客による給油作業の監視と同時にローリー荷卸し作業への立ち会いにも対応しなければならない場面を想定。こうした場合、いずれかの立ち会い・監視業務がおろそかになる可能性があるため、立ち会い・監視体制について予防規程に定めるなどの対策を検討する。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2022 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.