北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2020年2月13日更新
油槽所出荷予測にAI活用 28拠点にNECの技術導入ー出光興産(出光昭和シェル)
在庫情報を〝見える化〞

 出光興産(出光昭和シェル)は、国内油槽所28拠点(共同油槽所含む)に、日本電気(本社東京都港区、以下NEC)のAI(人工知能)技術を導入して出荷予測を実施、石油製品在庫管理に生かす取り組みを始めた。
 NECの最先端AI技術の一つ「異業種混合学習技術」を用い、市場や気象状況などに応じた出荷数量を予測し、油槽所の在庫情報を〝見える化〞する。今回用いた技術は、結果に至る理由を説明可能な〝ホワイトボックス型〞で、人の知見や経験と効果的に組み合わせて、予測精度をさらに向上することができるという。
 出光は2018年に青森、八戸、塩釜、福井各油槽所からのSSや需要家への出荷業務で、NECのAIを用いた実証実験を実施。出荷実績や原油価格、気温・降水量といった気象条件などをもとに、油種ごとの出荷予測を行った結果、レギュラーガソリンの2週間予測で、実績との誤差を5%程度に収めることに成功した。
 同実験を踏まえて、NECのAIを活用した出荷予測、在庫管理システムを構築。諸条件に基づくデータ学習により、油槽所の油種ごとの出荷数量を予測・見える化し、サプライチェーンの効率化に取り組む。2020年中には、国内自社油槽所36拠点と共同油槽所10拠点の合計46拠点で〝AI予測〞を展開していく。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.