北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年10月29日更新
8月潤滑油販売8.6%減、自動車用工業用2ヵ月ぶり前年割れー用途別実績
 潤滑油販売量が自動車用、船舶用、工業用とも再び不振だ。経済産業省の集計によると、8月の販売量(潤滑油の製造業者と輸入業者の消費者・販売業者向け)は合計で17万701キロリットル、前年同月比8・6%減少し6月以来、2カ月ぶりに前年実績を下回った。主な業種の生産が軒並み低下したのを映した格好。各油種とも好調だった7月から一転、すべての油種区分でマイナスになった。
 自動車用は合計で6万1384キロリットル、5・7%減少し2カ月ぶりの前年実績割れ。エンジン油など全油種が2カ月ぶりに前年実績を下回った。
 乗用車系内燃機関用が中心のガソリンエンジン油は2万8515キロリットル、6・4%減。農業用や建設機械用、コージェネレーション用を合わせたディーゼルエンジン油は1万6181キロリットル。0・4%の微減にとどまった。
 ATフルード(自動変速機専用油)やCVTフルード(無段変速機専用油)、ギヤー油などのエンジン油を除いた車両用は1万6688キロリットル、9・2%減少している。
 舶用ディーゼルエンジン油や船外機専用油、舶用シリンダ油、舶用システム油などの船舶用エンジン油は9558キロリットル12・8%大幅に減少した。
 工業用は合計で9万9759キロリットル、9・9%減少し2カ月ぶりに前年実績を下回った。自動車用と同様に全油種が2カ月ぶりにマイナスに転じた。生産用機械工業、自動車工業、金属製品工業、はん用・業務用機械工業など製造業の主な業種の生産が低下したのを反映したものとみられる。
 油圧作動油やベアリング油、ガスタービン油、コンプレッサー油、冷凍機油など機械油は2・8%減。切削油や研削油、プレス油、防せい油、焼入油、放電加工油など金属加工油は1万2566キロリットル、2・5%減った。
 コンデンサー油、変圧器油、OFケーブル油、遮断機油の4油種を合わせた電気絶縁油は10・6%減の3640キロリットルだった。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.