北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年10月28日更新
原油相場 一進一退も、WTI55㌦周辺で安定
 原油相場は引き続き、中東情勢の緊張感と、世界経済の先行き懸念の間で一進一退する状況が続いている。5月以降は、日本を含む複数のタンカーへの攻撃、サウジアラビア石油関連施設攻撃などで一時的に上ブレする場面もあったが、全体としてはWTIベースでほぼ㌭55㌦周辺に落ち着いている。
 大手元売の仕切り改定は〝週決め方式〞を採用する関係で、コスト算定期間内の小刻みな原油価格の変動を反映し、上げ下げが一定しない。ただ期間を広げて俯瞰すると、今年の原油価格は比較的安定を保っている。
 7〜9月期のWTI価格(期近・終値)を振り返ると、7月の高値は10日60㌦43㌣、安値は18日55㌦30㌣。8月は高値が13日57㌦10㌣、安値は7日51㌦9㌣。9月は高値が16日62㌦90㌣、安値3日53㌦94㌣だった。
 サウジ石油施設攻撃で原油価格は急騰後に急落。元売仕切りも㍑2円規模の値上げが2週連続したが、その後の2週間で同規模の値下げとなり、価格水準は元に戻った。
 地政学リスクが意識されて60㌦台を試しても定着せず、一方で米中貿易摩擦や英国EU離脱問題などで世界経済の先行き懸念が取り沙汰されても、50㌦割れには至らない状況を繰り返している。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.