北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年8月19日更新
サイバー侵入・攻撃防止、次世代通信システム導入ー出光製油所
 出光興産(出光昭和シェル)は、製油所の情報セキュリティー強化を目指し、次世代通信規格「OPC-UA」を用いたデータ通信システムを構築した。今回導入したのは北海道製油所、千葉事業所、愛知製油所、徳山製油所で、複数の製油所・事業所にまたがる大規模生産システムの主要通信方式に、OPC-UAを用いるのは世界初。
 OPC-UAは、複数の異なるアプリケーションやOS間で交わす通信を、高いセキュリティーのもとで実現する通信規格。ドイツ政府の製造業高度化プロジェクト「インダストリー4・0」でも唯一の推奨規格とされている。
 製油所のさまざまな装置・設備間では、使用するシステムが異なるケースがある。異なるシステム間で情報通信を行うには、通信ポートを広く開いておく必要があり、外部からの侵入・攻撃にさらされる危険が高いが、OPC-UAの採用で、製造現場の制御システムとITシステム間のインターフェース統一が可能になり、不正アクセスの危険性が低減する。また将来のスマートファクトリー化に向けた、IoT活用なども進めやすくなる。
 海外では、ウクライナで発電所へのサイバー攻撃による大規模停電が発生した事例がある。社会インフラを支えるエネルギー産業にとっては、従来型の安全・安心操業とともに、情報セキュリティー強化が重要な課題となっている。


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2019 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.