電子版
休刊日カレンダー
2021年10月
26272829301
 
2
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
12
 
13
 
14
 
15
 
16
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
123456
2021年11月
311
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
16
 
17
 
18
 
19
 
20
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
1234
日曜・祝日、第1・第3土曜日、
一般紙休刊日は休刊です。

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2021年10月14日更新
ENEOS 再エネ大手買収 総発電容量122万kWに拡大 中計目標達成 構造転換へ踏み出す
 ENEOSホールディングスは11日、子会社のENEOSが再生可能エネルギー大手、ジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都港区・竹内一弘社長)の全株式取得を決定し、株式譲渡契約に調印したと発表した。次世代型エネルギー供給・地域サービスを成長事業と位置づけるENEOSは、2022年度末までに国内外の再エネ発電容量を100万㌔㍗超に拡大する計画。JREを傘下に収めることで当面の目標を達成する。
 ゴールドマンサックスグループおよびシンガポール政府投資公社の関連会社が間接的に保有するJREの全株式を2000億円で取得し、ENEOSの子会社にする。株式譲渡は2022年1月下旬頃を予定している。
 ENEOSは、2040年に自社排出分のCO₂(二酸化炭素)についてカーボンニュートラルを目指している。実現に向け第2次中期経営計画では、最終年度の2022年度末までに、国内外の再エネ事業の総発電容量を100万㌔㍗超に拡大するため、国内での太陽光をはじめ洋上・陸上風力を展開する。
 現在の再エネ発電容量は、国内29・9万㌔㍗(運転中12・0万㌔㍗=24カ所、建設中17・9万㌔㍗=5カ所)と、海外21・5万㌔㍗(すべて建設中=3カ所)の合計51・4万㌔㍗。太陽光や陸上風力、バイオマスの電源を多数保有するJREの発電容量は、2021年9月時点で運転中が約37・9万㌔㍗、建設中の電源を含めると約70・8万㌔㍗になる。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2021 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.