北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2020年5月25日更新
2019年度最終損282億円 コスモエネHD、営業・経常益は黒字
 コスモエネルギーホールディングスが21日に発表した2020年3月期(2019年4月〜2020年3月)連結決算は、親会社株主に帰属する当期純利益が前年度から813億円減少し、282億円の損失だった。営業利益は85・3%(808億円)、経常利益は83・2 %(804億円)の大幅減益ながらそれぞれ139億円、163億円と黒字を計上した。
 新型コロナウイルス感染拡大やOPECプラス減産協議不調により、原油価格が年度末にかけて急落。在庫影響損が522億円と、前年度比から415億円悪化し業績の足かせとなった。
 ただ在庫影響を除いた実質経常益685億円(前年度比389億円減)のうち、風力発電などの〝その他事業〞は139億円(36億円増)と健闘し、現行中期経営計画で掲げる〝Oil&New〞の実現を予感させた。石油開発事業も、ヘイル油田の生産抑制と油価下落で119億円減ながら、450億円を確保した。
 石油事業は、油価急落が響き44億円(205億円減)にとどまった。キグナス石油への供給開始で、ガソリン・中間3品の国内販売量は前年度から11%伸びたが、原油安による負のタイムラグが大きく、マージン・数量要因で45億円、経費増などで160億円の減益を計上した。石油化学も市況悪化が響き、52億円(101億円減)に利益を減らした。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.