電子版

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年11月20日更新
ベトナム沖フンドン油田、権益5年間延長ーJX石油開発

フンドンプラットフォーム
 JX石油開発は、100%出資子会社の日本ベトナム石油がオペレーターを務めるベトナム沖鉱区(15-2)のフンドン油田について、ベトナム政府から5年間の権益期間延長を承認されたと明らかにした。
 フンドン油田の権益期間は2020年4月だったが、ベトナム政府および国営石油会社ペトロベトナムと期間延長に向けた協議を重ねた結果、長年の安定操業実績などが認められ、2025年4月までの延長に至った。
 日本ベトナム石油は同鉱区内でランドン油田も操業している。同油田での権益期間については、炭化水素を利用したガスEOR(石油増進回収)を実施するため、2013年に5年間の延長が承認され、2025年4月までとなっている。
 15-2鉱区の権益は1992年に取得。その後の探鉱活動で原油・コンデンセート、天然ガスを発見し、1998年にランドン油田で、2008年にはフンドン油田で、それぞれ生産を開始した。
 油田権益はランドン油田46・5%、フンドン油田64・5 %を保有。ペトロベトナム子会社のPVEP社、仏ペレンコ社とともに開発・生産活動を行っている。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2021 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.