北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年8月28日更新
ガソリン・中間留分上昇 陸上スポット、コスト連動型回復へ
8月最終週前半

 8月最終週の陸上スポット市場は、中旬までのコスト下落局面でみられた先取り値下げが影を潜め、落ち着きを取り戻した。前週の元売仕切り値上げ(大手3社とも全油種㍑50銭)に続き、今週も値上げ改定が予想されている影響とみられる。
 商社系、広域特約店によると、週前半時点の京浜地区・製油所渡し中心値は、ガソリンが前週比横ばいから1円高の109円80銭〜110円30銭となった。下値圏の卸業者で底上げが目立ち、上値との価格差が縮小した。
 市場筋では、今週の元売仕切り改定を50銭〜1円の値上げと予想しており「仕切り値上げが決まれば、月末にかけて価格はもう一段引き上がる」(商社系特約店)との観測が聞かれる。輸入玉の影響が強い阪神地区とくらべて、京浜地区のスポット価格が穏やかに推移しているのは、卸業者の目標販売数量の消化が順調に進んだ影響とみられる。
 中間留分は3油種とも、前週前半比で横ばいから50銭の上昇が主流になった。灯油が底上げした一方、A重油は盆期間の出荷低調のリカバリーで据え置きが目立つ。
 中心値は灯油が57〜59円、軽油(未課税)57円50銭〜59円、A重油55 円50銭〜57円。ガソリンとは異なり、中間留分は3油種とも、地域間の価格差がほとんどみられない。


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2019 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.