北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2020年5月28日更新
室蘭市で国内最大規模 バイオマス発電所商業運転開始ーJXTGエネルギー

商業運転を始めたバイオマス発電所。夜はライトアップ
 JXTGエネルギーは、ENEOSバイオマスパワー室蘭(北海道室蘭市)の室蘭バイオマス発電所(発電容量7・49万㌔㍗)が24日から商業運転を開始したと明らかにした。JXTGエネルギーが主体になって運営する初めてのバイオマス発電所。発電した電気は再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を活用して売電する。
 同社は2016年10月11日、JXTGエネルギーが90%、日揮ホールディングスが10%を出資し資本金1億円で設立。約4万平方㍍の敷地に、パーム椰子殻を燃料にする木質バイオマス専焼の発電所を建設した。
 発電設備は循環流動層ボイラー、再熱式復水タービンで構成する。木質バイオマスだけを燃料にする発電所としては国内最大規模で、環境保全に配慮した高効率な運転が可能としている。
 室蘭市からの要請を受け、同発電所は25日から、日没から午前0時までの間、ライトアップを行い、地域の発展と活性化に協力していくとしている。


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.