電子版

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年12月7日更新
IMO対応・キ グナスへの供給下期重要案件に「将来へ新アプリ加速」ーコスモHD桐山社長

下期の見通しを話す桐山社長
専門紙・誌懇談会で語る

 コスモエネルギーホールディングスの桐山浩社長は4日、都内で開いた業界専門紙・誌との懇談会で、2019年度下期の展望と第6次連結中期経営計画の進ちょく状況を説明した。
 桐山社長は台風15号、19号による被害に触れ「ライフラインを支える重要なインフラとして、安全・安定操業にもう一段、取り組まなければならない」と気を引き締めた。
 グループの下期展望では、重要案件に〝IMO2020〞への対応と、キグナス石油への製品供給スタートをあげた。「IMO関連ではLSCとHSCの価格差が50㌦に開き、LSCが軽油を突き抜けて値を上げている。いずれ軽油と灯油が、LSCをキャッチアップすると予測しているが、もう少し動向を見極めたい。当社はIMO対応を完了しており、どのような市場になっても対応できる。キグナスへの製品供給は、海外安・国内高の環境下、ショートポジションでビジネスを開始できる」と期待を表した。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.