電子版

北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2019年11月25日更新
JXTGエネルギーシンポ 化石燃料とESGテーマ、髙橋長官らが議論

5人のパネリストがエネルギーの将来像を議論
 JXTGエネルギーや日本エネルギー経済研究所などが参画する「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」実行委員会は20日、都内で24回目となるシンポジウムを開催した。髙橋泰三資源エネルギー庁長官やJXTGエネルギーの中原俊也取締役常務執行役員など、産学官の論客5人が集結。「エネルギー供給のサステナビリティと拡大するESG投資〜エネルギービジネスの変化と展望〜」と題して、環境・社会・企業統治を重視する「ESG投資」を切り口にエネルギーの将来像を議論した。
 シンポジウム実行委員長を務めるJXTGエネルギー大田勝幸社長は主催者あいさつで「化石燃料を扱うエネルギー企業にはCO₂(二酸化炭素)排出削減に向け積極的な対応が求められている」としたうえで「化石燃料は生活を支えるエネルギーで、いますぐ簡単に代替できない。安定供給を保ちながら、持続可能な社会に向けて新たな取り組みに挑戦する必要がある」と述べ、シンポジウムのねらいを示した。
 パネルディスカッションには、髙橋長官と中原取締役のほか、東京大学未来ビジョン研究センターの高村ゆかり教授、日本政策投資銀行の竹ケ原啓介執行役員、日本エネルギー経済研究所の山下ゆかり理事が登壇。NHKの関口博之解説委員がコーディネーターとして議事を進行した。
<記事全文は本紙をご購読ください>


ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.