北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2018年9月19日更新
昭和シェル石油 LNG トラッ クへ燃料供給 東京―大阪実証走行試験可能にー関東初

充填式でLNGサテ ライトタンクをバックにテープカット (左から7人目=阿 部真常務執行役員CTO)
昭和シェル石油は、京浜トラックターミナルL+CNGステーション(東京都大田区)で、関東で初めて大型LNGトラックへの燃料供給を開始した。
 同ステーションではこれまで、CNG(圧縮天然ガス)を供給していたが、9月から環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」のひとつ「大型LNGトラックおよび最適燃料充填インフラの開発・実証事業」(事業期間2018年6月から2019 年2 月)に用いる、大型LNGトラックに燃料を供給する。13日には現地で充填式を行い、施設関係者や運送会社など100人が出席した。
 同ステーションのLNG供給開始により、エネクスフリート大阪南港店(大阪市住之江区)に併設されているLNGステーションとの間で、LNG車の東京-大阪間実証走行試験が可能になる。昭シは、供給実績などのデータを提供し、実証試験に協力する。
 LNGはエネルギー密度が高く、1充填当たりの走行距離が1000♀超と、従来のCNGトラックを上回る長距離走行が可能とされる。CO2、窒素酸化物排出が少なく、充填時間も短いことから、主に運送部門で次世代車両の有力候補として注目されている。
一方で本格的な需要拡大には、初期投資やインフラ整備が課題になっている。昭シは中長期戦略で、LNG事業拡大に取り組み、低炭素社会実現に貢献していく方針。



ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2018 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.