北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2020年2月25日更新
中心値続落136〜141円 本紙集計セルフ店頭マージン11円台維持
 前週に引き続き店頭価格を下げながらもマージン改善の取り組みを継続する動きがみられた。本紙集計の全国セルフSS店頭ガソリン市況(17〜19日)は上値㍑1円、下値3円下落し中心値136〜141円をつけた。JXTGエネルギー基準価格と実勢価格に近い下値をもとに推計したマージンは11円40銭となり、前週に続き良好な水準を維持。2週連続で11円台を確保した。一方暖冬などの影響で燃油の販売不振が続いており、マージンが減少すれば経営悪化につながりかねない状況だ。

 20日以降の元売仕切りは下落基調にあった原油相場が上昇に転じたことで50銭引き上げられた。次週は店頭値下げに歯止めをかけ、利幅重視の戦略を継続できるかが課題だ。
 各地域の状況をみると、北海道は中心値139〜144円。札幌市内は143円が大勢を占めた。ただ函館市内など一部地域では実売140円を割り込む安値もみられた。
 首都圏は140円を下回る価格が主流となりつつある。千葉県は大手HC(ホームセンター)ジョイフル本田が前週から1円値下げし132円を表示するなど、PB(プライベートブランド)を中心に安値が目立つ。
<記事全文は本紙をご購読ください>



ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2020 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.