北海道 / 東北 / 北関東 / 信越 / 首都圏総合 / 山静・神奈川 / 東海・北陸 / 中国 / 近畿・四国 / 九州/総合市場 / エルピーガス / TBA・機械工具 / 国際商況

お近くの新聞店から直接お届けします。日本国内へのお届けはもちろん、海外へのお届けも承ります。

携帯からのお申し込み、
お問い合わせはこちら


2017年04月24日更新
石油連盟・木村会長 評価精製・流通研最終報告書「私達の意見反映された」―定例会見
卸価格は公平性・透明性を確保しながら特約店、代理店と向き合い真摯に決めるもの

 石油連盟が20日に行った定例会見で木村康会長(JXTGホールディングス会長)は、当面の原油価格(ドバイ)をバーレル55㌦と予想。経済産業省の石油精製・流通研究会最終報告書には「石油連盟の意見が反映された」と評価した。
 原油価格は米国生産増や在庫水準の高さから、3月27日に直近最安値の48㌦80㌣(ドバイ)をつけた。ただリビアの生産トラブルや、7日の米国シリア空爆にともなう地政学リスクへの意識の高まりなどで反騰。足元では53㌦10㌣と、55㌦圏に回復してきている。
 木村会長は「3月のOPEC(石油輸出国機構)減産順守率は104%と高率で、ロシアもOPEC追随姿勢を崩していない。5月25日の総会で、OPECが減産延長に合意できなくても、2017年は需要が供給を上回る見通し。OPEC各国からも〝60㌦がターゲット〞の声が聞かれる」と背景を説明し「当面は55㌦圏で推移し、緩やかに60 ㌦に向かう流れ」と、前月までの予想をほぼ据え置いた。
 石油精製・流通研究会最終報告書については「卸価格を含めた取引のあり方は、企業の自立的事業活動に委ねるのが基本と主張してきたが、最終報告書や〝ガソリン取引適正化に関するガイドライン〞には、十分に私たちの意見が反映された。卸価格は公平性・透明性を確保しながら特約店、代理店と向き合い真摯(しんし)に決めるもの。それを支えるのが今回のガイドラインと受け止めている」と見解を述べた。
 エネルギー供給構造高度化法第3次告示の議論には「1次、2次の分母対応からは、明らかに違う段階に来ている。〝高度化〞の名称が示す通りの方向性が必要と考える」と意見を示した。
 今冬の灯油商戦は「ベース需要を前年比97%と想定していたが、序盤も終盤も寒く、シーズンが長かった。結果は103%と、基礎需要比プラス6%。需要増のなかで、安定供給を確保できた」と総括した。
2017年04月22日更新
太陽石油 岡社長、抱負語る「1社1製油の強み発揮」
販売網は西日本にシフト


太陽石油は19日、都内のホテルで業界専門紙誌との懇談会を開いた。岡豊社長は、2016年度決算について「まだ作業中だが、経常利益210億円前後を確保できそう」と説明し、需要減退や元売再編などの環境変化に対する同社の対応策を説明した。
 環境変化への対応で、業界各社が経営統合や海外展開に向かうなか、岡社長は「当社の社是は〝独立自尊〞で、合併は馴染まない。また社員数六百数十人の体制で、海外展開も考えにくい」と説明。「1社1製油所体制のもと、最大の強みはリファイナリー単位での国内随一の競争力。優位性を最大限に活かす施策は、自前ネットワークでの販売と考え〝西シフト〞を進めてきた。その西端として沖縄の南西石油をグループ化したが、当社にとっては、身の丈に合った海外展開といえる」と、足元までの経営判断の背景を語った。
 岡社長は「私たちが製造した石油製品は、系列特約店と南西石油を最優先に販売する。また太陽石油販売の東日本のSSは、地主との賃貸借契約が切れるタイミングで、西へのスクラップ&ビルドを進める。他社とのバーターを極力減らし、西特化のビジネスモデル展開を図ることが、市場にもプラスに反映されればと考えている」と、今後の方向性を説明した。
 南西石油への同社製品の出荷が始まるのは6月以降。すでに同地では太陽石油との直接取引を求めるPB-SSもあるというが「まずは沖縄に根づくことが最優先。既存流通経路への安定供給をしっかり継承し、沖縄での信頼を確立していきたい」と抱負を述べた。
2017年04月21日更新
三菱商事エネルギー SS向けECサイト開設 「SHOP STAND」加盟店募集を開始
一般顧客向けに販売できる

 三菱商事エネルギーは、子会社のカーフロンティアを通じて、SS向けECサイト開設サービス「SHOP STAND」加盟店の募集を開始した。カーフロンティアは、インターネットを通じて①商品の仕入れ②販売③送客(サービスの提供)を、SSにおける新たな事業領域として開拓に取り組んでいる。
 「SHOP STAND」は、カーケア商品仕入れ会員制通販サイト「Another Root」登録SSが、自社ECサイトを開設し、サイトを通じてカーケア商品などの販売が可能となるサービス。加盟SSは、新たに開設したECサイトで、「Another Root」で卸売りされている商品やすでに自社が取り扱っている商品を、一般顧客向けに販売できる。タイヤやバッテリーなどの商品を顧客から受注した後、「Another Root」で商品仕入れを手配するため在庫を持たずに多様な商品を販売できる。商品の受け取りや取り付けで加盟SSへの送客が行われる。
 申し込みは、コールセンターを通じ最短2時間で手続きが可能。加盟後も電話による運営サポートを手厚くしており「インターネットに不慣れでも安心してECサイトを開設できる」という。
 「SHOP STAND」は、「遠くの量販店より近くのガソリンスタンド」をコンセプトにしている。2月から試験運用を開始し、サービスを通じて受注や取り付けが増加し、先行導入SSに好評だったため正式な加盟店募集を開始した。
ホーム燃料NEWS!会社概要支局案内出版物紹介各種お申し込みFAX申込用紙資源エネルギー庁長官賞各種お問い合わせ

本ページに記載の記事・写真などの無断転載を一切禁じます。著作権は㈱燃料油脂新聞社またはその情報提供者に帰属します。

© 2017 - The Daily Nenryo-yushi, Inc All Rights Reserved.